航空券の種類を理解しよう!

海外航空券には3種類があります。
行き先や利用日、キャビンクラスが同じなのにもかかわらず航空券の価格が異なるのは航空券種類が違うからなのです。
今からご紹介する航空券の種類を参考にしてご自身のプラン合った航空券を見つけて頂けたら幸いです。

■正規航空券(ノーマル航空券)
有効期限が1年間という規則以外、航空券に対し制限がかかっていない航空券です。
自由に渡航期間を決められ、変更手数料も払い戻し手数料も無料という航空券です。
例えば急遽海外へ行かなくてはならなくなった時でも正規航空券であれば飛行機の空席さえあればどの航空会社でも利用できるのですぐに出発が可能です。
ただし、規則が緩い分、他の航空券に比べて価格が驚くほど高いのが正規航空券です。

■PEX航空券
個人にたいして販売している航空券のことです。HPでの取扱のある旅行会社で購入可能です。
航空会社と旅行会社、どちらで買う自体の価格は同じですが、旅行会社から買ったりした場合は別途旅行会社へ支払う手配手数料がかかる場合がほとんどですので、正規割引をかう場合は直で購入した方良いです。

格安とかの名前ついているので安いイメージがついているが、早割などもあるため、タイミングやシーズンによっては正規で値段が下がるって安いときもありますので、航空券を購入する際は比較をした方が良いです。
運賃タイプでもあるが、日取りや経路変更が可能、事前座席指定が可能等、格安航空券よりも制限が緩いのが特徴です。ただし、予約後すぐに発券(購入)をしなくてはならない航空券が多い為、座席の確保のみしておくという事が出来ないです。
出発が先であっても予約後にキャンセルした場合はすぐにキャンセル料が発生してしまうのがデメリットでもあります。

■IT航空券
旅行会社が企画するパック用に安い価格で設定された運賃を使って、航空券のみで販売している航空券のことです。
つまり、通常いつもある用に使っている航空券を航空券のみ予約をしたい個人旅行のお客様へも販売しているということです。
その為格安航空券は会社でしか購入できず、購入できるところによって価格は異なります。価格が安い分、日程や経路変更不可、事前座席指定不可、マイレージの加算率が低い等、制限が厳しいのです。
既に利用日が決まっていて、出発後も変更の予定は無い、とにかく安い航空券を予約したいという方にはぴったりの航空券です。